笑顔の介護しとおばあさん

NEWS

必要な費用

介護伝送ソフトを利用するためには、必要な機能の備わったタイプのものを選び、それぞれに必要な費用をかけなければいけません。どのソフトを導入するか決める際には、このことを参考にするといいでしょう。

and more

効率化するために

介護伝送ソフトの役割の、最も大きなものは何かといえば、それは「効率化」です。ソフトが登場する以前は限界があったのですが、ソフト登場以後は余計なコストも手間も省いた、スムーズな仕事が可能になりました。

and more

回線について

介護伝送ソフトを利用した「伝送」のためには、伝え送るための「回線」が必要です。ソフトが提供するサービスによって、その回線の種類も変わります。サービスによっては、馴染み深いネット回線も利用することが出来るのです。

and more

介護事務の仕事

請求という仕事

介護事務は、すべて手動でやろうと思えばなかなかの激務だと言われています。
なぜなら、事務とは物を書いたり計算したりまとめたりする仕事のことで、介護事務の場合には書いたり計算したりまとめたりしなければならない物がたくさんあるからです。
つまり、事務作業をスムーズなものにするために利用することが出来るシステムやソフトの中でも、特にこの激務を何とかすることが出来る介護ソフト、介護システムについては、もともと「あったらいいな」と思う人が多かったものなのです。
今、そのソフトの中で特筆すべきものとして、介護伝送ソフトを挙げることが出来ます。
ただでさえ煩雑で大変な介護事務の仕事の中でも、特に面倒きわまりない、そしてとても大切な「介護保険請求」という仕事をサポートしてくれるのが、このソフトなのです。

国保連への請求

介護の現場で働く人たちの報酬は、もちろん介護を受けている人たちから支払われることになりますが、それは必要な費用の1割。
もし、私が明日から介護のお世話になるとしたら、私がヘルパーさんに支払うお金は、彼らが最終的に受け取る報酬の1割であるというわけなのです。
日本の介護保険制度が、そういうふうに定めています。残りの9割は介護保険から、そして公費から支払われることになっています。
これを取り仕切っているのが国保連(国民健康保険中央会)というところであり、介護施設や事業所は毎月ここに請求を行い、それが認められると支払われるという仕組みになっているのです。
介護事務による「介護保険請求」とは、上に書いた「毎月の請求を行い」という仕事。
これをサポートしているのが、介護伝送ソフトなのです。請求に必要なデータを伝送するという機能を持ったソフトなのです。